米国に大寒波襲来 ミネソタ州北部で氷点下39度 南部テキサス州も大雪

[ 2021年2月16日 12:15 ]

 米国各地は15日に猛烈な寒波に襲われ、ミネソタ州北部でカナダ国境にほど近いヒビングでは氷点下39度を記録した。カンザス州各地も氷点下30度以下に気温が下がり、サウスダコタ州スーフォールズでも氷点下26度となった。

 寒波の影響は南部テキサス州にもおよび、雪が積もったヒューストン市内では氷点下7度。同州では400万人以上が停電の影響を受けている状態で、この影響で新型コロナウイルスのワクチン接種ができなくなり、学校なども閉鎖された。

 AP通信によれば、テキサス州ではすでに2人が死亡。オースティンやサンアントニオといった主要都市では雪に埋まった道路で車両が立ち往生となっており、食料を調達しようにも店舗が閉まっているために多くのドライバーが行き場を失っている。

なおこの日テキサス州ダラスで行われる予定だった北米アイスホッケーリーグ(NHL)のスターズ対プレデターズ戦は、市当局側からの要請で延期となった。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2021年2月16日のニュース