森会長の女性蔑視発言に抗議か…欧州各国の在日大使館が続々ツイート「沈黙しないで」

[ 2021年2月6日 18:00 ]

 欧州各国の在日大使館などがツイッターに、片手を挙げた写真に「#dontbesilent(沈黙しないで)」「#GenderEquality」「#男女平等」のハッシュタグを付けて投稿している。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)による女性蔑視発言に対する抗議とみられる。

 始まりはドイツ大使館で、5日午後1時に職員と思われる12人の女性全員が手を掲げている写真と、男性も混じった17人全員が同じように手を掲げている写真をハッシュタグとともに投稿。その後駐日フィンランド大使館や駐日欧州連合代表部、スウェーデン大使館などが次々と同様のツイートを行った。

 ドイツ大使館のツイートには6日午後5時時点で約4万件の「いいね」がつき、1・4万件リツイートされた。また「昨今の森の発言に関して、日本人として恥ずかしい限りです」「とても心強いです」「声をあげて頂きありがとうございます」と言った声も寄せられている。

 森氏は3日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、JOCが女性理事を増やしていく方針を掲げていることに「女性がたくさん入る理事会は時間がかかる」などと発言。4日に行われた会見では「五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」と謝罪し、発言を撤回するとした一方、テレビで生中継された会見での逆ギレぶりな態度で、火に油を注いだ形となっている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年2月6日のニュース