サッポロビール、スペルミスのビールを一転発売へ「取扱いを心配される声が寄せられた」

[ 2021年1月13日 18:41 ]

「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」
Photo By 提供写真

 サッポロビールは13日、ファミリーマートとの共同開発商品である「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を2月2日に発売すると発表した。同商品はラベルデザインを「LAGER」を「LAGAR」とスペルミスが判明。8日に発売中止を発表していたが、「もったいない」「謝ったのだから販売すればいい」という声が挙がっていた。

 公式サイトで「本商品は、デザインの一部に誤表記があることを理由に発売中止することを1月8日にお知らせいたしましたが、その後、本商品の取扱いを心配される声や、発売を切望する声など多数のご意見が寄せられ、両社にて慎重に検討を重ねた結果、お客様のご意見を真摯に受け止め、発売中止の決定を取り消すことといたしました」と報告。

 「温かいご意見を頂きましたことに御礼申し上げますとともに、方針変更により多くのお客様にご迷惑をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます」とした。

 サイトでは対象商品について「本商品パッケージには、正しくは『LAGER』とすべきところが誤って『LAGAR』と表記されています。なお、中味品質および成分・表示等には問題ございません」と説明した。

 発売決定を受けてネットでは「臨機応変な決定素晴らしい」「廃棄しなくてよかったです」「逆にプレミアつくかもね」「中身問題ないなら買いますよ」と対応を評価する声が多かった。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「森七菜」特集記事

2021年1月13日のニュース