はやぶさ2“宇宙の旅”支えた技術をあなたの手に キーホルダーなど販売

[ 2020年12月8日 05:30 ]

「はやぶさ2」に部品提供した下平製作所(横浜市)が販売する「パーミルロケット」
Photo By スポニチ

 “はやぶさ2の技術”が詰まった町工場の製品にも注目が集まっている。下平製作所(横浜市)は長さ53ミリのロケット形キーホルダー、その名も「パーミルロケット」(税別1200円)を製造・販売。同社は、はやぶさ2にチタンやアルミ合金製の金具を提供。パーミルロケットも同素材で職人が手作業で削り出した部品7つを接着剤を使わず「圧入」という方法で接合している。探査機さながらに100分の1ミリ単位の精度。川口伸児社長は「合金をこの精度で削るのは大変。宇宙の技術を感じてほしい」と話す。同社は明治時代の50銭銀貨を加工した指輪(税別1万円)も手掛けている。

 このほか、パラシュートを製作した藤倉航装船引工場(福島県)の各種バッグ(1万5000円前後)や、レーダー機能の一部を担った光電製作所(東京都大田区)の魚群探知機(写真モデルは定価165万円から)も購入可能だ。

続きを表示

この記事のフォト

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年12月8日のニュース