菅首相 コロナ対応で飲食店支援に1・5兆円、就任時以来の記者会見

[ 2020年12月5日 05:30 ]

 菅義偉首相は、臨時国会が事実上閉幕した4日夕に官邸で記者会見を行った。首相が会見を開くのは、外遊時を除いて9月の就任時以来。新型コロナの感染拡大“第3波”を受け、野党などから会見の開催が求められていた。

 ようやく会見の壇上に立った首相はコロナ対応に関し「(営業時間短縮の要請に)協力いただいた全ての店舗に対して、国としてもしっかり支援していく」と述べた。協力した飲食店などを支援するために、地方創生臨時交付金を1兆5000億円確保する方針を明らかにした。

 「桜を見る会」を巡る安倍晋三前首相側の疑惑に関する官房長官当時の国会答弁を撤回しない姿勢を示した。日本学術会議の会員任命拒否問題に対する学術界などからの反発は当初から想定していたとした。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「森七菜」特集記事

2020年12月5日のニュース