世界保健機関のテドロス事務局長が自主隔離 濃厚接触者に認定される

[ 2020年11月2日 15:38 ]

 スイスのジュネーブにオフィスを構える世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(55)は1日、新型コロナウイルスの感染者と接触したために今後数日間は自主隔離の措置を取るとツイート。感染した接触者の詳細などは明らかにしていないが「新型コロナ検査で陽性だった人物の濃厚接触者となった。無症状だが、WHOの手続きに従って自主隔離の措置を取り自宅で仕事をする」と書き込んだ。

 ベルギー、オランダ、英国同様にスイスでも新型コロナウイルスの感染者は急増。AP通信によれば、人口50万人のジュネーブでは連日1000人以上の新規感染者が判明している。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「森七菜」特集記事

2020年11月2日のニュース