トリキの次は“無限くら寿司” 制度上の問題なしも…「Go To イート」また疑問の声

[ 2020年10月28日 05:30 ]

「無限くら寿司」のしくみ
Photo By スポニチ

 政府の飲食業界支援事業「Go To イート」で、回転寿司チェーン・くら寿司でポイントを使い格安飲食を延々と繰り返す「無限くら寿司」が話題となっている。

 「イート」事業で得られるポイントは昼食で500円分、夕食で1000円分。このポイントを使って食事をしても、ポイントが付く。「イート」はグルメサイトを通じて予約するが、くら寿司が利用するサイト「EPARK」は、当日にも利用客へのポイント付与が可能。他のサイトでは約1週間かかる。毎日でもポイントを使って寿司が食べられるため「無限くら寿司」と言われている。制度上の問題はないが、一部企業だけが恩恵を受ける状態に個人経営の飲食店からは不満の声も上がっている。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年10月28日のニュース