伝統的な市松模様 突然“鬼滅グッズ”に「畳に興味を持ってもらえたことはうれしい」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

 伝統的な市松模様だけに、以前からある商品が突然“鬼滅グッズ”となった例もある。神奈川県湯河原町の山室畳店では市松模様の畳縁(たたみべり)を利用して製作、販売していたブックカバーやポーチ、小銭入れ、ヘアゴムなどの人気が上昇中だ。

 同店の山室真一代表は「小学生や、幼いお子さんにも手にとってもらえるようになった。畳や畳店に興味を持ってもらえたことは非常にうれしい」と思わぬ鬼滅効果を喜んでいる。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年10月26日のニュース