前年割れから一転 鬼滅コラボの経済効果すさまじく

[ 2020年10月26日 05:30 ]

 鬼滅コラボの経済効果もすさまじい。飲料大手ダイドードリンコは、今月5日から販売しているコラボ缶コーヒーが約3週間で累計販売本数5000万本を突破したと発表した。

 コーヒー飲料全体の販売本数は昨年同月比149.5%。担当者によると「コロナ禍でオフィスでの需要などが減り、9月までは前年割れだった」という。デザインは全28種。年内は店頭に並ぶ予定という。

 今も苦しい戦いが続く外食産業では、回転寿司チェーン「くら寿司」がコラボメニューやプレゼントを展開。9月の売り上げが7カ月ぶりの前年同月比超えを果たした。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年10月26日のニュース