眞子さま29歳の誕生日 結婚の意思変わらず コロナ禍で年内の結婚関連行事は見通し立たず

[ 2020年10月23日 05:30 ]

 秋篠宮家の長女眞子さまが23日、29歳の誕生日を迎えられた。新型コロナウイルス禍のため宮邸で過ごす時間が増える中、コロナに関するオンライン進講を重ねたほか、9月には8カ月ぶりとなる外出公務も果たした。2020年が延期期限とされている小室圭さんとの結婚関連行事については見通しがたっていない。宮内庁関係者は2人の結婚の意思について「変わっていない」と語る。

 秋篠宮さまが皇位継承順1位の皇嗣(こうし)になられたことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が11月8日に開催されることが決定したため「その後に眞子さまに動きがあるのでは」との見方が浮上した。

 だが、宮内庁の加地隆治皇嗣職大夫は年内の何らかの発表について「今の段階では分からない。感染症がこれだけの影響を及ぼしており、延期を発表した時から事情が変わっている」と説明した。

 2人の婚約を巡っては、週刊誌が小室さんの母親佳代さんと元婚約者との間に400万円の金銭問題があると報道。宮内庁は18年2月、結婚関連行事の20年までの延期を発表していた。元婚約者の代理人はスポニチ本紙の取材に「佳代さんサイドから連絡はなく、金銭問題の解決のめどは依然たっていません」と明かした。 

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月23日のニュース