WHO、コロナ治療薬「レムデシビル」巡り見解「効果認められない」

[ 2020年10月18日 05:30 ]

コロナ治療薬レムデシビル(AP)
Photo By AP

 世界保健機関(WHO)が、新型コロナウイルスの治療薬として日本でも特例承認されている抗ウイルス薬「レムデシビル」について、患者に死亡率の低下などの効果が認められなかったと発表した。WHOのスワミナサン主任研究員は会見で、実施した臨床試験(治験)は「世界最大規模だった」として結果には確信を持っているとの認識を示した。

 スワミナサン氏によると、重症化を防ぐ効果が期待できるとしている米国立衛生研究所(NIH)などが行った治験は約500例だったのに対し、WHOは投与・非投与例合わせて5000例以上で実施したと強調した。

 レムデシビルは、新型コロナに感染したトランプ米大統領にも投与された。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年10月18日のニュース