河井案里被告の元付き人 公判で証言「離婚した方がいい」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(47)の公判が16日、東京地裁で開かれた。

 実質的に案里被告の付き人だった元私設秘書の女性が出廷し、夫で元法相の衆院議員克行被告(57)=同罪で公判中=の名前を挙げ「離婚した方がいい。(克行元法相が)案里さんに良い影響を与えているように見えない」と証言した。案里被告の弁護人は同日、5回目の保釈請求をした。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月17日のニュース