鈴木大地氏、千葉県知事選出馬へ 自民党県連の出馬要請受ける方向 森田現知事の引退が前提

[ 2020年10月2日 05:30 ]

スポーツ庁の鈴木大地長官
Photo By スポニチ

 来年4月の任期満了に伴う千葉県知事選で、自民党県連が最終調整している鈴木大地前スポーツ庁長官が、出馬要請を受ける方向であることが1日、分かった。

 県連によると、鈴木氏は5日に歴代会長経験者らと面会予定。ここで県連側が正式に出馬要請するとみられる。ただ鈴木氏は、現職の森田健作知事の引退を前提としているといい、調整が求められる。

 森田知事は昨年9月、台風上陸翌日に公用車で自宅周辺を「私的視察」したなどの災害対応で批判を受けた。県政関係者によると「自民党県連内では“森田氏では戦えない”」との声が広がっていた。知事選には、新型コロナウイルスの対応で評価を高めている千葉市の熊谷俊人市長も出馬に意欲を見せている。 

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年10月2日のニュース