米「グルーポン」日本市場から撤退 クーポン販売終了「大変に重く、つらい決定」11年スカスカおせち事件

[ 2020年9月28日 22:05 ]

 共同購入型クーポンサイト「GROUPON(グルーポン)」(本社・米シカゴ)は28日、日本市場から撤退すると「マーチャントブログ(企業向けブログ)」で発表した。この日をもってクーポンの販売を終了。有効期限内の未使用購入済みクーポンは今年12月27日まで使える。2010年に日本進出。翌11年には「スカスカおせち事件」で騒動となった。

 「誠に残念ながら、弊社は日本市場からの撤退を決定いたしました。2020年9月28日をもちまして、クーポンの販売を終了いたします」と報告。「このたびの決定は私どもにとりましても大変に重く、つらいものですが、弊社グルーポンは、グローバル企業として、すべての支払義務を履行いたします。また、できる限り円滑かつ効果的に、皆様と協働してこの度の手続きを進めてまいります」とした。

 11年1月2日、飲食店経営会社「外食文化研究所」(横浜市)が、グルーポンで注文を受け、発送したお節料理「バードカフェ謹製おせち」500セットが、見本と違っていたとして購入者とトラブルになっていたことが判明。騒動となった。

 発表は以下の通り。

 取引先店舗各位

 平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。誠に残念ながら、弊社は日本市場からの撤退を決定いたしました。2020年9月28日をもちまして、クーポンの販売を終了いたします。

 皆様と弊社のお客様であるグルーポンユーザーに向けて、有効期限内の未使用の購入済みクーポンは2020年12月27日まで店舗でお使いいただける旨を、弊社よりメールにてお知らせいたします。12月27日より前に有効期限を迎えるクーポンについては、元の有効期限をもって失効いたします。貴店舗の現在有効のクーポンにつきましては、12月27日まで引き続き、これまでと同様に弊社の対応を行います。12月28日以降は、店舗様によるクーポンの消込はできなくなります。

 12月28日以降、有効期限内の未使用クーポンをお持ちのお客様につきまして、購入時の決済手段を介した返金を行います。お客様からのお問い合わせは弊社カスタマーサービス https://www.groupon.jp/customer_support にて対応いたします。

 現在、弊社とお取り引きいただいている店舗様におかれましては、マーチャントセンターを2021年1月31日まで引き続きご利用いただけます。ご不明な点がございましたら、マーチャントセンターhttps://www.groupon.jp/merchant/center/loginより弊社までご連絡ください。2020年10月27日をもってすべての営業担当者は退職いたしますが、引き続き、別担当部署が店舗サポートを行ってまいります。

 このたびの決定は私どもにとりましても大変に重く、辛いものですが、弊社グルーポンは、グローバル企業として、すべての支払義務を履行いたします。また、できる限り円滑かつ効果的に、皆様と協働してこの度の手続きを進めてまいります。

 長年にわたる皆様のご信頼とご協力に改めて感謝申し上げ、皆様の益々のご発展を祈念いたします。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月28日のニュース