タスマニア島に打ち上げられたクジラはついに500頭 過去最多記録を大幅に更新

[ 2020年9月23日 14:56 ]

 オーストラリア・タスマニア島の西部ストラーンの浅瀬に打ち上げられたクジラが23日、同国史上最多の500頭近くに達したことが明らかになった。AP通信によれば21日に270頭が打ち上げられ、23日になってさらに200頭が幅10キロの沿岸に押し寄せてきたと伝えられている。

 クジラはゴンドウクジラとみられており、救助活動が続けられているものの、21日に打ち上げられたクジラはその3分の1に相当する90頭がすでに死亡。クジラが浅瀬に迷い込んだ原因は不明で、専門家やボランティアたちが懸命に沖に戻す作業を続けているが、救助活動は難航している。

 オーストラリアでこれまで最も多数のクジラが打ち上げられた場所は1996年の西オーストラリア州ダンズボローでその数は320頭。同様の“事件”は2009年にタスマニア島でも起こっていたが、その時は90頭だった。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月23日のニュース