米疾病対策センター、“コロナ空気感染の見解”削除 文章の草案を誤って公開

[ 2020年9月23日 05:30 ]

 米疾病対策センター(CDC)は21日、公式サイトに掲載していた新型コロナウイルスに関して空気感染し得るとの見解を削除した。

 削除前、「新型コロナの広がり方」というページを更新。主な感染経路として1.8メートル以内の飛沫(ひまつ)感染や接触感染に加えて、「エアロゾル」と呼ばれる空気中に漂う微粒子を介して1.8メートルを超えて感染する可能性があるといった内容などを新たに盛り込んだ。これをCNNなど大手メディアが伝え、高い関心が寄せられていた。

 ロイター通信(電子版)によると、CDCは文章の草案が誤って公開されてしまったと説明。現在、エアロゾルを介した感染を巡る勧告について見直しを進めており、終了次第、改めて発表するという。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月23日のニュース