若手は早期希望も…自民・下村政調会長“衆院解散の時期は見通せない”

[ 2020年9月22日 05:30 ]

下村博文衆議院議員
Photo By スポニチ

 自民党の下村博文政調会長は21日夜のBSフジ番組で、菅義偉首相が判断する衆院解散の時期は見通せないとの見解を示した。「年内にあってもおかしくないし、来年以降もある。難しいところだ」と述べた。衆院議員任期は来年10月まで。下村氏は安倍晋三前首相の辞意表明後、早期の衆院解散を唱えていた。

 解散時期に関し「自民党若手はほぼ全員が早く選挙してもらいたいと思っている。ただ首相は、実績をつくらないと解散できないとの思いを持っているのではないか」と指摘した。選対委員長だったらどのように考えるか問われ「自民党国会議員のほぼ総意で、即解散」と述べた。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月22日のニュース