「ジャパンライフ」元会長ら詐欺容疑で逮捕へ 約7000人から集めた1800億円が未返済

[ 2020年9月18日 05:30 ]

 磁気ネックレスなどの預託商法を展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京)について、警視庁などの合同捜査本部が18日にも詐欺容疑で山口隆祥元会長(78)や娘のひろみ元社長(48)と元幹部ら計14人を逮捕する方針を固めたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 被害対策弁護団によると、全国の高齢者ら約7000人から集めた約1800億円が未返済のままとなっている。

 山口元会長は2015年に安倍晋三首相(当時)の推薦枠で「桜を見る会」の招待を受けたとして、国会で野党が追及していた。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月18日のニュース