菅新首相、河野行革相を“壊し屋”に任命 「縦割り110番」設置検討を指示

[ 2020年9月17日 05:30 ]

記者会見する河野太郎行革相
Photo By 共同

 自民党の菅義偉総裁(71)は16日、衆参両院本会議での首相指名選挙で第99代首相に選出され、自民、公明両党連立による菅内閣が発足した。

 今回の人事で目玉になったのは河野行政改革担当相。菅氏は河野氏に早速「縦割り110番」の設置検討を指示したと明らかにした。永田町関係者によると、周囲には「俺はつくる方。壊すのは河野にやってもらう」と行革相に据えた理由を話しており、縦割り行政を河野氏の突破力で打破していくことに期待を寄せる。

 「壊し屋」に直々に任命された河野氏だが、自民党内では「気合が入りすぎて省庁を壊しすぎたらどうするんだ」と懸念の声も。そこで、「さまざまな省庁に顔が利く」(党関係者)という加藤勝信官房長官が河野氏のストッパーになっていくのか注目される。

続きを表示

この記事のフォト

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月17日のニュース