ハリケーン「サリー」が米南部を直撃 時速3キロの超低速 トルネードも発生

[ 2020年9月16日 14:29 ]

大雨となったフロリダ州ペンサコラビーチ(AP)
Photo By AP

 メキシコ湾を時速3キロというきわめて遅いスピードで進んでいるハリケーン「サリー」は米南部のアラバマ州モビール付近に16日未明に上陸する見込み。勢力はいったんカテゴリー1となったがその後、再びカテゴリー2となった。上陸を前にしてミシシッピ州ではトルネードが各所で発生。AP通信によれば今後予想される雨量は760ミリに達すると見られている。

 各所で道路が冠水するなど被害が出ており、最大風速は14日の段階で40メートル。すでに8万戸以上が停電となっているが、今後も大雨となるため、関係当局では住民に避難と警戒を呼びかけている。

続きを表示

この記事のフォト

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年9月16日のニュース