バイデン氏 副大統領候補に黒人女性のハリス上院議員を選ぶ「弱者のため勇敢に戦う戦士」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

 米大統領選で民主党候補となるジョー・バイデン前副大統領(77)は11日(日本時間12日)、副大統領候補に西部カリフォルニア州選出の黒人女性カマラ・ハリス上院議員(55)を選んだと発表した。

 父親はジャマイカ出身、母親はインド出身の移民2世で、黒人女性が主要政党の副大統領候補となるのは初めて。バイデン氏はツイッターでとハリス氏を称賛。争点に浮上している人種差別問題に取り組む姿勢を強調し、非白人有権者への一層の浸透を目指す。共和党はトランプ大統領(74)とペンス副大統領(61)の候補指名が確定済み。11月の選挙へ対決構図が固まった。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月13日のニュース