神田の居酒屋「球児園」 ファン“昼飲み”で甲子園に熱視線

[ 2020年8月11日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合 ( 2020年8月10日    甲子園 )

「球児園」で昼飲みしながら開幕試合を応援する女性客たち
Photo By スポニチ

 高校野球ファンが集う東京・神田の居酒屋「球児園」ではファンが“昼飲み”しながら声援を送った。通常午後2時開店のところを、この日は開幕戦に合わせ午前10時に開店。プレーボールとともに男性1人と女性2人組が来店した。今大会出場32校のユニホームが飾られた店内は、新型コロナ対策で消毒液が置かれ、テーブルも間隔が空いていた。

 女性2人組は毎夏、甲子園のネット裏を陣取る熱烈ファン。「球場が寂しいから打撃戦を期待したい」と4校が得点するたびに画面へ拍手を送った。同店はコロナで一時休業。6月の再開後、売り上げは前年比約8割5分減という。店長の木村貴通さん(33)は「履正社―星稜が熱戦になってくれたら」と目玉カードが起爆剤になることを期待した。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年8月11日のニュース