クラスター発生の島根・立正大淞南高がコメント発表「ご心配ご迷惑をお掛けする事態を…心より深くお詫び」

[ 2020年8月10日 11:56 ]

 生徒、教職員合わせて88人の新型コロナウイルス感染が判明した島根県松江市の私立立正大淞南高が10日、同校サイトにクラスター(感染者集団)発生についてのお詫びを掲載した。

 島根県と松江市は9日深夜、新型コロナウイルスの感染者を新たに92人確認したと発表。そのうち88人が同校の関係者で、86人が生徒で2人が教職員。生徒86人のうち80人はサッカー部の寮に在籍しており、教職員2人もサッカー部関係者であることが明らかになっていた。

 サイトに掲載された全文は以下の通り。

 この度は、本校サッカー部の寮におきまして新型コロナウイルス感染症の大きな集団感染を起こしてしまい、島根県民の皆様、松江市民の皆様、寮や学校周辺の皆様、学校支援者の皆様、何より大切な生徒諸君、その大切なお子様をお預けいただいている保護者の皆様に多大なるご心配ご迷惑をお掛けする事態を招いてしまい心より深くお詫び申し上げます。

 これから関係機関のご指導をいただきながら感染拡大防止と感染者の一日でも早い回復のために全力で取り組んでまいります。今後も本校に対して変わらぬご理解とご協力を賜りますように宜しくお願い申し上げます。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月10日のニュース