宝塚「星組」東京公演20日まで中止 花組公演クラスターは1人増え計12人に

[ 2020年8月8日 05:30 ]

星組東京公演が20日まで中止になった東京宝塚劇場
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団は7日、東京宝塚劇場での星組公演「眩耀(げんよう)の谷/Ray」について、20日までの公演を中止すると発表した。

 同公演では6日、自主的に受けたPCR検査で出演者1人に新型コロナウイルス感染が確認され、7日の公演を急きょ取りやめていた。21日以降については「保健所をはじめ関係各所と連携しながら、感染拡大防止のための必要な措置を行った上、決定したい」としている。

 宝塚では兵庫・宝塚大劇場で上演中の花組公演「はいからさんが通る」でこの日、新たにスタッフ1人の陽性が確認され、感染者は出演者8人、スタッフ4人の計12人となった。県はクラスター(感染者集団)発生と判断し、16日までの公演取りやめを発表している。歌劇団によると感染した生徒らはいずれも軽症、もしくは無症状という。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年8月8日のニュース