沖縄 初の3桁100人がコロナ感染 国内では過去最多1598人 お盆休み突入前に拡大止まらず

[ 2020年8月8日 05:30 ]

 沖縄県では7日、新たに男女100人の新型コロナウイルス感染が確認された。

 県の1日当たりの発表数としては最多を更新。玉城デニー知事は記者会見で、7月の連休以降に人の移動が活発化したことが要因の一つだと指摘。「現在の状況が続くと、医療機関の機能が低下する」と危機感を示した。患者向けに確保した病床の使用率(4日時点)は83%で、重症患者向けの病床も20%が埋まっている。県は7月31日に県独自の緊急事態宣言を出し、不要不急の外出自粛などを求めている。繁華街の飲食店などには休業要請。美ら海水族館など多くの観光施設も臨時休館している状況だ。

 大阪府も255人で、2日連続で過去最多を更新。秋田、滋賀の両県でも最多を記録した。東京は462人で、過去最多の472人に迫る水準。20代と30代で約66%を占め、感染経路不明は約67%だった。
 国内では確認された新規感染者は1598人で、こちらも1日の最多を更新。お盆休み突入を前に感染拡大が止まらない。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年8月8日のニュース