与党、臨時国会の召集拒否…“安倍隠し”にコロナ対策も進まず

[ 2020年8月5日 05:30 ]

 自民党の森山裕国対委員長は4日、立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、野党が求める臨時国会の早期召集は難しいとの考えを伝えた。事実上の拒否回答。安倍晋三首相の体調不良の報道も出ているが、菅義偉官房長官は会見で「連日会っているが、淡々と職務に専念している。全く問題ない」と強調した。

 政権の“安倍隠し”に新型コロナ感染拡大を止める対策は遅々として進まない。首相は官邸で記者団の質問に答え、お盆の帰省を巡る政府内の見解が一致していないとの指摘を「考え方が違っていることはない。帰省についてどう考えるかも政府として発信することを考えている」と否定。政府は今週中に感染症対策分科会を開き、注意喚起の在り方などを議論する方針だ。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年8月5日のニュース