米マイクロソフト 「TikTok」買収交渉の継続を発表

[ 2020年8月4日 05:30 ]

 米マイクロソフト(MS)は2日、中国のIT企業「北京字節跳動科技(バイトダンス)」が運営する動画投稿アプリ「TikTok」の米国事業の買収交渉を続けると発表した。

 米側の情報が中国側に渡ることを懸念しているトランプ米大統領や米政府と連携する姿勢を強調した。トランプ氏は安全保障上の懸念を理由に同アプリの米国での運営を「禁止する」と述べていたが、ロイター通信によると、MSによる45日間の買収交渉を容認した。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月4日のニュース