「温野菜」経営会社、爆発事故を謝罪「被害にあわれた方々及び近隣の皆様に心よりお詫び申し上げます」

[ 2020年7月30日 14:52 ]

 「しゃぶしゃぶ温野菜」を経営する外食産業企業「レインズインターナショナル」(本社:神奈川県横浜市、根本寿一社長)は30日、同社フランチャイズ店舗「温野菜 郡山新さくら通り店」(福島県郡山市)で同日午前9時ごろ発生した爆発事故について「被害にあわれた方々及び近隣の皆様に心よりお詫び申し上げます」と公式サイトを通じて謝罪した。

 同社の発表によると、当該店舗は今月21日からの改装工事に伴って休業中。「事故発生時にも工事が予定されていたとの報告を受けておりますが、引き続きその詳細把握に努めております。弊社といたしましては、当該店舗の運営会社と共に、消防当局によります現場検証及び原因究明に最大限協力してまいります」としている。

 消防や福島県警などによると、この爆発事故で建物が全壊、男性1人の遺体が建物跡から見つかり、18人が重軽傷を負った。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月30日のニュース