中央大でクラスター発生 運動部員11人がコロナ感染 経路特定へ

[ 2020年7月17日 05:30 ]

 中央大学は16日、八王子市内の合宿所で共同生活している同じ運動部の10代と20代の部員11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市はクラスターが発生したとみている。感染経路は分かっておらず、特定を進める。

 中大によると、部員1人が実家に帰省中の12日に発熱。13日に陽性が確認されたため、合宿所に住む他の部員14人も検査を受け、うち10人の感染が判明した。

 中大はオンライン授業を実施しており、キャンパス内への入構を制限しているが、この運動部は大学の許可を得て6月30日から活動を再開。八王子市の多摩キャンパス内の屋外コートなどで練習していたが、他の部との接触はないという。

続きを表示

「竹内結子」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月17日のニュース