米海軍に黒人女性初の軍用機パイロットが誕生 マデリン・スウェーグル中尉が最終訓練を終了

[ 2020年7月12日 13:28 ]

 米海軍に黒人女性としては初めての“軍用機パイロット”が誕生することになった。

 2017年に海軍士官学校を卒業していたバージニア州出身のマデリン・スウェーグル中尉が11日、テキサス州キングスビルの航空専門学校で行われていた最終訓練を終了したもので、これによって軍用機を操縦する「戦術航空士官(タクティカル・エア・パイロット)」になることが内定。スウェーグル中尉は「歴史を作った!」というメッセージを投稿した。

 AP通信によれば、海軍での女性の軍用機パイロットの誕生は1945年のローズマリー・マリナーさん以来、75年ぶり。黒人女性としては初めての出来事となった。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年7月12日のニュース