トランプ大統領が職務中に初めてマスクを着用 病院を訪問して医療従事者を激励

[ 2020年7月12日 07:14 ]

 ドナルド・トランプ米大統領(74)は11日、ワシントンDC近郊のメリーランド州ベセスダにある政府管轄のウォルター・リード・ミリタリー医療センターを訪問。公的な職務の際としては初めてマスクを着用し、新型コロナウイルスの治療のために働いている医療従事者や負傷した兵士を見舞った。

 同大統領は感染拡大後も記者会見などでマスクの着用をかたくなに拒んでいたが、9日にはテレビのインタビューに応えて「ウォルター・リードを訪れるときはマスクをつける。病院の中では適切だと思う。何の問題もない」と語っていた。

 ミシガン州の自動車工場をプライベートで訪問したときにはマスクを着けていたと伝えられているが、職務中にマスク姿を見せたのはこれが初めて。なおウォルター・リード・ミリタリー医療センターの公式サイトには「他人と6フィート(1・8メートル)の距離を保てない場合には顔を覆うべきである」と記されている。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年7月12日のニュース