埼玉県知事、13日から対策不十分のキャバクラなどに休業要請

[ 2020年7月12日 05:30 ]

 埼玉県の大野元裕知事は11日の記者会見で、業界団体が定めるガイドラインに従った感染防止対策が十分でない、キャバクラなどの接待を伴う飲食店に、新型コロナウイルス特措法に基づき、13日午前0時から休業を要請すると発表した。大野知事は「しっかりと対策を講じていただくことが目的だ」と述べた。

 県内では6月下旬以降、キャバクラとホストクラブ計4店舗でクラスター(感染者集団)が発生。これまでに従業員と客の50人以上で感染が確認されている。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年7月12日のニュース