“夜の街”感染拡大 鹿児島のバーで28人のクラスター 埼玉のキャバクラは19人

[ 2020年7月4日 05:30 ]

 鹿児島県では3日、30人の新型コロナウイルス感染が確認された。このうち28人がクラスター(感染者集団)が発生したとみられるバーの来店客だった。

 埼玉県では新たに男女26人の感染が確認された。さいたま市によると、クラスターが発生した同市大宮区のキャバクラを利用した男性3人も含まれ、同店の感染者は計19人。また越谷市は、1日と2日に判明した感染者のうち4人が、市内の同じキャバクラのオーナーや従業員と明らかにするなど、東京以外の“夜の街”に感染が拡大している現状が顕著となっている。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年7月4日のニュース