河井夫妻にも319万円ずつ、国家公務員ボーナス支給 辞職市長にも200万超

[ 2020年7月1日 05:30 ]

 国家公務員に30日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。国会議員など特別職は、支給額の30%を返納している安倍首相が404万円、20%を返納している閣僚は337万円。支給額のトップは最高裁長官の577万円。国会議員は319万円、中央省庁の事務次官は328万円だった。参院選広島選挙区を巡る買収事件で逮捕された前法相の河井克行容疑者と妻の参院議員案里容疑者にも、それぞれ319万円が支払われた。

 買収事件ではこの日、克行容疑者から広島県議時代に2回にわたり計60万円を受け取った安芸高田市の児玉浩市長が辞表を提出。150万円を受け取った三原市の天満祥典市長が辞職した。児玉氏には約69万円、天満氏には約204万円のボーナスが支払われた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年7月1日のニュース