中国で新型豚インフル発見、人への感染確認される パンデミック引き起こす恐れ

[ 2020年7月1日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの感染第2波襲来が懸念される中、中国で新たにパンデミック(世界的流行)を引き起こす恐れのあるインフルエンザウイルスの新型が発見された。中国の研究者らが30日までに、米国科学アカデミーの機関誌に発表した。

 英BBC放送などによると研究者らはこのウイルスを「G4」と命名。豚を宿主とする豚インフルエンザだが、既に人への感染が確認されている。現時点で人から人に感染するかは明らかになっていない。

 研究者は、緊急対応が必要な段階ではないとしているが、中国疾病予防抑制センター(CCDC)などは「人間への感染力を持ちやすい全ての本質的な特徴を備えている」と警鐘を鳴らしている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年7月1日のニュース