全員陰性…うその宣伝した風俗店摘発 女性従業員「検査指示受けてない」

[ 2020年6月25日 05:30 ]

 大阪府警は24日、実際は新型コロナ検査を受けていないのに従業員が全員陰性だったとうその宣伝をしたとして、不正競争防止法違反(誤認惹起=じゃっき=表示)の疑いで同府枚方市の風俗店経営の男(63)=大阪市=ら男2人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 大阪府警によると、誤認惹起表示の容疑での風俗店摘発は全国初。店は4月15日から休業したが5月16日に営業を再開。客は多い日で1日62人に上った。女性従業員らは「検査指示すら受けてない」「除菌徹底はなく店の入り口に消毒液を置いただけ」と話しているという。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年6月25日のニュース