国内では新たに96人の感染者 第2波回避は東京での封じ込めが焦点

[ 2020年6月25日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの感染者が24日、新たに全国で96人、東京で55人が報告され、いずれも緊急事態宣言が全面解除されてから最多となった。解除から25日で1カ月。東京では連日20人以上が報告され感染が持続、地方へ波及する事例も散発的に発生している。流行の第2波を回避するには、東京での封じ込めが焦点になりそうだ。

 政府専門家会議の座長を務める脇田隆字国立感染症研究所長は24日の記者会見で「市中感染に広がるのを懸念している。拡大の状況を見極め、早期に対策を打つのが重要だ」と指摘した。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「渡哲也」特集記事

2020年6月25日のニュース