韓国、軍艦島など日本の“世界遺産”取り消しを要求

[ 2020年6月22日 05:30 ]

 聯合ニュースは21日、韓国政府が長崎など8県の23施設で構成する「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産の登録取り消しを求める書簡を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に月内に発送することを決めたと伝えた。

 韓国は、産業革命遺産の全体像を紹介する「産業遺産情報センター」(東京)での長崎市の端島(通称・軍艦島)に関する展示内容について「歴史的な事実を完全に歪曲(わいきょく)した内容が含まれる」と強く反発していた。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「渡哲也」特集記事

2020年6月22日のニュース