河井克行、案里容疑者のスマホ押収 GPSで現金配布先を特定へ

[ 2020年6月22日 05:30 ]

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、東京、広島の両地検が河井克行容疑者と妻の案里容疑者のスマートフォンを押収し、衛星利用測位システム(GPS)機能による位置情報を解析して現金配布先と日時の特定を進めていたことが21日、関係者への取材で分かった。

 克行前法相と案里議員は地元県議ら94人に、票の取りまとめを依頼するなどして計約2570万円を配った疑いで逮捕された。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「渡哲也」特集記事

2020年6月22日のニュース