東京26人中12人“新宿ホストクラスター” 感染リスク高める「回し飲み」「エレチュー」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

 東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに26人報告されたと発表した。うち12人は歌舞伎町などの新宿エリアにある同じホストクラブに勤める20~30代の男性従業員で、ほかにも4人が夜の繁華街との関連が疑われると説明した。都の関係者は「ホストクラブの従業員の中には同居している人もいるようで、都が集団感染の経緯を調べている」と話した。感染経路が不明なのは10人。年代別では20代が12人と最も多く、30代が7人、40代が3人と、若い世代で感染が広がっている。

 都内の感染者数は5月23日に2人まで減少したが25日の緊急事態宣言解除後は再び増加傾向だ。34人の新たな感染者が確認された2日に都は“東京アラート”を発動。だが、その後もホストクラブやガールズバーなどで感染が拡大し、直近7日間の1日当たりの感染者数は約19・7人。前の7日間に比べ約1・47倍に増えた。

 この日も一挙12人もの感染者が確認されたように、特にホストクラブでの感染拡大が顕著となっている。緊急事態宣言が発令中の5月中旬から後半にかけて、20~30人を集めて行われた誕生日パーティーなどのイベントから感染が広がった。

 ホストクラブをよく知る関係者によると「シャンパンボトルの回し飲みや、マドラーの使い回し、カラオケマイクの共同使用など、感染リスクの高いシーンは多岐にわたる」という。また、顔が売りの商売という側面もあり、客からマスクを外すよう求められることも多いという。さらには「卓チュー」と呼ばれる店内でのキスや、「エレチュー」と呼ばれる見送りで乗るエレベーター内でのキスなどが、今なお横行しており、危険度を高めている。

 関係者によると、ホストクラブの従業員であることを隠すケースもあるそうで、知らずに店に行った客が感染する可能性もあるという。感染拡大防止の観点から、都には何らかの強い対応が求められそうだ。

 《にぎわう歌舞伎町》東京都が“東京アラート”を発動して初の週末となった6日、新宿・歌舞伎町ではマスク姿の人々が行き交い、にぎわいが戻り始めていた。緩和段階はまだステップ2で、接待を伴う飲食店は休業要請中。それでも、12人の感染が判明した店とは別のホストクラブの従業員(26)は「お客さんとまた話せてうれしい」と喜び「東京アラートは出たが、来てくれる客が楽しんでくれるよう、ウイルス対策も行いたい」と話した。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年6月7日のニュース