東京スカイツリー“密”を防ぎながら営業再開「眺望でリフレッシュしてもらえれば」

[ 2020年6月1日 05:30 ]

展望デッキにはソーシャルディスタンスを呼び掛ける案内板
Photo By スポニチ

 3月1日から臨時休業していた人気観光スポット「東京スカイツリー」(墨田区)も1日営業を再開。当面の間は、午前9時から午後9時までの時短営業で、密を防ぐため「天望デッキ」(地上350メートル)への入場を収容可能人数(2000人)の2~3割程度に制限。約50秒で運ぶエレベーターは定員約40人の半分以下とする。

 デッキ内の各所にはソーシャルディスタンスの確保を呼び掛ける案内板を設置。東京スカイツリータウン広報事務局の担当者は「眺望をご覧いただいて、リフレッシュしてもらえれば」と話した。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「渡哲也」特集記事

2020年6月1日のニュース