若者の街・原宿、宣言解除も、にぎわい見られず「通常の土曜日の3~4割程度」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

緊急事態宣言解除後、初の週末をむかえた原宿・竹下通り
Photo By スポニチ

 緊急事態宣言が解除され、初めて迎えた週末の30日、若者の街・原宿にかつてのにぎわいは見られなかった。

 週末にはごった返す竹下通り。午後になってから徐々に人出は増え始めたものの、雑貨店の女性スタッフは「通常の土曜日に比べれば3~4割程度」と浮かない表情で話した。

 友人2人と来ていた都内の私立高校2年の男子生徒は「待ち合わせをして、なんとなく来た感じ」という。6月1日から学校が再開するが、「授業課程を何も知らされていないのは不安。夏休みが短縮されるのは仕方がないけれど、文化祭などの行事はやってほしい」と訴えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年5月31日のニュース