朝日新聞社 黒川氏と賭け麻雀の男性社員を停職1カ月「独立性や公正性に疑問を抱かせ深くお詫び」

[ 2020年5月29日 16:06 ]

 朝日新聞社は29日、黒川弘務前東京高検検事長と賭け麻雀をした経営企画室に勤務していた管理職の男性社員(50)=現在は人事部付=を同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。管理責任を問い、福島繁・執行役員経営企画室長をけん責処分とした。

 発表によると、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出ていた4~5月にかけ、黒川氏、産経新聞記者2人と賭け麻雀を行い、極めて不適切な行為と判断した。定年延長、検察庁法改正案が国会などで問題となっており、渦中の人物と賭け麻雀を行ったことについて「報道の独立性や公正性に疑問を抱かせるものでした。深くお詫びいたします」と謝罪した。

 男性社員は「極めて不適切な行為で深く反省しています」と話している。

 ▼中村史郎・朝日新聞社執行役員編集担当兼ゼネラルマネジャー 今回の問題に対して、読者の皆様から「権力との癒着ではないか」といった厳しいご批判を多くいただいています。皆様の信頼を損ねたことを重く受け止め、改めて深くおわびいたします。社員は黒川氏とは社会部の司法担当記者時代に取材先として知り合っており、記者活動の延長線上に起きたことでした。報道倫理が問われる重い問題と受け止めており、取材先との距離の取り方などについて整理し、改めてご報告いたします。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年5月29日のニュース