9月入学見送りへ 自民・公明、提言原案を作成「拙速な導入」に慎重意見

[ 2020年5月28日 05:30 ]

 自民党の9月入学制に関するワーキングチームは27日の会合で「本年度・来年度など直近の導入を見送るべきという結論に至った」と明記した提言の原案を示した。

 公明党も同日「拙速な導入を行うことに妥当性は認められない」との提言原案を作成した。いずれも家庭の負担増や社会的混乱を懸念した。関係者が明らかにした。

 両党は近く最終的な提言をまとめ、首相官邸に提出する。政府内でも慎重意見が相次いでおり、導入は当面困難との見方が強まった。

続きを表示

「三浦春馬」特集記事

「渡哲也」特集記事

2020年5月28日のニュース