スーパー・サイクロンで84人が死亡 インドとバングラデシュで被害続出

[ 2020年5月22日 09:26 ]

 スーパー・サイクロン「アンファン」の直撃を受けたインド東部の西ベンガル州やバングラデシュで、21日までに少なくとも87人(インド74人、バングラデシュ13人)の死亡が確認された。

 AP通信によれば、人口1400万人を数えるインドのコルカタでは家屋や樹木が倒壊。「アンファン」は上陸時に勢力を弱めたとは言え風速は47メートルに達しており、大規模な停電も引き起こした。約300万人が避難したが家を失った人も多く、密集状態となった避難所での新型コロナウイルスへの感染拡大が懸念されている。

 最大級のサイクロンのインド上陸は21年ぶり。バングラデシュでは1100キロの道路と、東京都の面積に匹敵する2000平方キロメートルの農地が大雨で崩壊しており、被害総額はすでに140億円に達していると報じられている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年5月22日のニュース