コロナ解雇1万人に迫る…厚労省幹部「さらに拡大する恐れがある」

[ 2020年5月22日 05:30 ]

 厚生労働省は21日の参院厚労委員会で、新型コロナウイルス関連の解雇や雇い止めが20日時点で9569人に上ることを明らかにした。政府が緊急事態宣言を発令した4月から、企業などの休業に伴い職を失う人が急増し、1万人に迫った。同省幹部は「さらに拡大する恐れがある」との見通しを示した。

 厚労省は2月から各都道府県労働局の報告を集計している。解雇、雇い止めの人数を月ごとで見ると、2月が282人、3月が835人、4月2654人、5月が5798人と増えている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年5月22日のニュース