残るは首都圏・北海道…安倍首相、25日に解除の可否判断

[ 2020年5月22日 05:30 ]

新型コロナウイルス感染症の対策本部会合で、近畿3府県の緊急事態宣言解除を表明した安倍首相
Photo By 共同

 安倍晋三首相が21日、新型コロナウイルス感染症の政府対策本部会合で緊急事態宣言に関し、大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除すると表明した。近畿3府県では感染防止に万全を期すことを前提に、社会・経済活動を段階的に再開させる。

 一方、埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道は継続が決まった。安倍首相は25日に専門家の評価を経た上で解除の可否を判断する方針を示し、今の状態が続けば解除は可能だと官邸で記者団に述べた。宣言対象の変更は21日夜、官報に公示され、効力が発生した。解除は14日に続き2回目。対象から外れるのは計42府県となった。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2020年5月22日のニュース