「桜を見る会」前夜夕食会の飲食代めぐり弁護士ら660人告発状提出

[ 2020年5月22日 05:30 ]

安倍首相らに対する告発状を提出するため、東京地検へ向かう弁護士ら
Photo By 共同

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供するなどしたとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の疑いで、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。地検は受理するかどうか検討する。

 弁護士らは「首相が説明責任を果たさず、数の力で真相究明と責任追及が阻まれるという憂うべき状況を打開するため、徹底的な捜査が必要だ」との声明を出した。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2020年5月22日のニュース