蓮舫氏 マスク2枚配布で466億円と試算「マスク工場の支援に回した方が現実的」

[ 2020年4月9日 16:17 ]

立憲民主党の蓮舫参院議員
Photo By スポニチ

 立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が、9日に自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルスの感染防止策として各世帯にマスク2枚を配るという安倍晋三首相の方針に、改めて「NO」を突き付けた。

 ツイッターの中では「菅官房長官が布マスク1枚200円と発言。1億3000枚の配布で約260億円。世帯へ布マスク配布にかかる総額が466億円なので、事務費や梱包費や配送費に200億円かかる試算になります」として、466億円の税金が投入されることを示唆した。その上で「マスク生産可能工場への設備投資や支援に回した方が現実的です。医療従事者、福祉関係者への優先配布のためにも」と訴えた。

 マスク2枚配布の案は発表当初から否定的な意見が多く、テレビでも多くの番組が取り上げるほど関心事にもなっていた。蓮舫参院議員は他にも「医療従事者や福祉事業への支援、薬とワクチン開発費にすべき」とツイッター上で意見を語り、「(466億円の)財源は税金と借金。まだ間に合います。見直すべきです」と加えた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「AKB48」特集記事

2020年4月9日のニュース