コロナ感染の英ジョンソン首相、ICUに…「私は元気だ」投稿後に病状悪化

[ 2020年4月8日 05:30 ]

 英首相官邸は6日、感染が確認され5日に入院したジョンソン首相(55)が集中治療室に移り治療を受けていると発表した。病状が6日午後から「悪化」したため、医師の勧めで移ることを決めた。ジョンソン氏は、ラーブ外相に「必要に応じて」代行を務めるよう依頼した。

 官邸は、人工呼吸器を必要とする事態に備え「予防措置」として移ったと強調。だが最も重症の患者が処置を受ける場所でもあり、病状の深刻さが改めて浮き彫りになった。感染症対策を巡り英国は「国家的危機」(英メディア)に直面しており、リーダーの不在で政権運営への影響も懸念される。

 ジョンソン氏は3月27日に感染を公表。先進7カ国(G7)首脳で感染が判明した初めてのケースとなった。感染後は首相公邸で自主隔離しながら感染症対策を指揮。しかし、発熱などの症状が続いたことから今月5日、医師の勧めでロンドン市内の病院に入院。英紙タイムズなどによると酸素吸入処置を受けていた。6日昼ごろには入院先から「私は元気だ」などとツイッターに投稿、健在ぶりをアピールしたが、その後病状が悪化したという。官邸は意識がある状態だとしている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年4月8日のニュース